Friday, June 28, 2013

ダイバーがやって来た。

月曜にダイバーがやって来た。右舷側のエンジンに多少水漏れがあるため、プロベラとシャフトを取り外すためだ。ところが、その取り外し作業に必要なあるべき道具が船に無い。元々なかったのか、どこかで誰かが失くしたのか、私達が来る以前の事なので知りようが無い。こういう問題が船に来た時から度々あり、その為に整備作業がはかどらない。

別のダイバーが一度その作業をやったらしいが、完全とは言えないので、もう一度お願いしようとしたら、本人はポーランドに行っており、7月中旬までフロリダには戻って来ないとの事。何とか探し出したダイバーがやっと来てくれた。3人組のうちのひとりが2時間近くかけてボートの仕組みを探った後、プロペラを外そうとした。事前に必要な道具無しでも何とかなるかも知れないと言っていたが、残念ながら何ともならなかった。

それならばと、ヤードの機械ショップでプロペラやシャフトを傷つけずに外せる道具を作ってもらう事にして、翌日出直しとなった。しかし、火曜日、水曜日、木曜日と3日間来てくれない。多分、一日で終わる作業と思って別の仕事も入れてあったのか、はたまたその仕事も思ったより時間がかかったのか理由は良く分からない。それでも、今日はやってきてくれた。今回は思いの外、手間取らずにプロペラは外してくれた。それがまぁー、泥まみれで付着物がびっしり。取り敢えず、水道水で泥だけは落としてくれた。

船内から取り掛かっているシャフトの方はなかなか外れず、かれこれ2時間程やっている。オーナーが希望している出発日まで時間は無いが、この機会に左舷側もやってもらった方が良いかも知れない。取り敢えずはひとつずつ。それにしても、こんな濁った水の中でどうやって見るの?と聞いたら、これより視界の利かない水中でも仕事をした事があるよという。でも、大抵手探りで形をなぞるとか。経験が物を言うのですね。脱帽です。












No comments:

Post a Comment